メインコンテンツまでスキップ

WrpSimpleTester

WrpSimpleTesterとは、WebSocket インタフェース を利用する際の通信処理などを実装し、音声認識アプリケーションに必要なインタフェースを実装するだけで簡単に音声認識アプリケーションを作成できるクラスライブラリ (Wrp)のサンプルプログラムです。コンソール上で動作し、音声ファイルをテキストに書き起こしできます。

ここでは、クライアントライブラリのサンプルプログラム(WrpSimpleTester)の実行方法について説明します。

注記
  • 実行にはマイページに表示されている自分のAPPKEYを設定する必要があります
注意
  • 利用した音声認識に応じて利用料金が発生しますのでご注意ください

準備

サンプルプログラムをダウンロードし、ローカルマシンの任意のディレクトリに解凍します。

コマンドラインインタフェース

Usage: WrpSimpleTester <url> <audioFileName> <codec> <grammarFileNames> [<authorization>]

引数

引数説明
urlエンドポイント
audioFileName音声ファイルパス
codecコーデック
grammarFileNamesグラマーファイル名
authorizationAppKey

実行例

ここでは、以下の引数を指定して実行します。

  • url
    • wss://acp-api.amivoice.com/v1/ (ログ保存あり)
    • wss://acp-api.amivoice.com/v1/nolog/(ログ保存なし)
注意

パスを省略して "wss://acp-api.amivoice.com" とした場合、ログ保存ありの接続になります。

  • audioFileName 音声ファイル
    • test.wav(サンプルプログラムに同梱)
  • codec 音声フォーマット
    • 16K
  • grammarFileNames 接続エンジン名
    • -a-general(会話_汎用)
  • authorization AppKey
    • マイページに表示される APPKEY を指定してください

Windowsの場合

各<プログラミング言語>フォルダ直下にある run.bat をダブルクリックすることで、そのフォルダをカレントディレクトリとして実行できます。 実行すると、AppKey の入力を促されます。

ターミナルから実行する場合

実行する際は、サンプルプログラム(sample.zip)を解凍して生成される sample/Wrp/<プログラミング言語> をカレントディレクトリとしてください。

java -cp .;Wrp.jar WrpSimpleTester wss://acp-api.amivoice.com/v1/ ../../audio/test.wav 16K -a-general <AppKey>

Linuxの場合

実行する際は、サンプルプログラム(sample.zip)を解凍して生成される sample/Wrp/<プログラミング言語> をカレントディレクトリとしてください。

java -cp .:Wrp.jar WrpSimpleTester wss://acp-api.amivoice.com/v1/ ../../audio/test.wav 16K -a-general <AppKey>

結果

実行に成功すると、JSON 形式の結果が得られます。

{"results":[{"tokens":[{"written":"\u30a2\u30c9\u30d0\u30f3\u30b9\u30c8\u30fb\u30e1\u30c7\u30a3\u30a2","confidence":0.93,"starttime":554,"endtime":1562, ...
...
"text":"\u30a2\u30c9\u30d0\u30f3\u30b9\u30c8\u30fb ... ",
"code":"","message":""}
-> アドバンスト・メディアは、人と機械との自然なコミュニケーションを実現し、豊かな未来を創造していくことを目指します。

この実行結果では、JSON 文字列をそのまま表示しているため、JSON 内の文字列が Unicode エスケープ形式として見えていますが、お使いの開発言語に備わる JSON パーサーなどで、簡単に可読可能な UTF-8 文字列に変換できます。最後の「 -> 」に続く部分が、認識結果("text":の値)を UTF-8 に変換した結果です。すべてのサンプルプログラムには、この変換処理が含まれています(curl 実行サンプルを除く)。 JSON のフォーマットについては、「WebSocket インタフェース」 > イベントパケット > A イベントパケットを参照してください。